脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい

びんびんエイト

HOME > 脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい

脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい

脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい部分にレーザー照射で施術してもらい、ムダ毛を生み出す細胞組織をつぶしてしまうメソッドです。

光脱毛よりも出力が大きいので、肌にとっては負担になり、強く痛みを感じるケースもあるでしょう。


医師の監督を受けてでないと行いない方法ではありますが、家庭使用が可能なレーザー脱毛器も売られています。

毛抜きで脱毛を行うというのは、自分でムダ毛処理する方法の中でも、実は、あまりよくない方法です。
必要な道具は毛抜きだけですが、時間がかかり、埋まれ毛になる原因となってしまいます。

そのため、毛抜きで脱毛処理するのは避けることをおすすめします。ツルツルの肌になりたいのなら、お肌にかかる負担を考えてムダ毛処理の方法を選んだほうがよいです。
脱毛器はその安全性が確認されたうえで販売されているものですが、禁止されている部位や、本来の使用方法とかけ離れた使用によって深刻な肌トラブルを起こしたりすることもあります。
使用する前に、説明書と注意書きをよく読み、そのとおりに使用するのが大切です。
光脱毛は一般的ですが、効果があとになっても出てくるため、やりすぎによるトラブルを防ぐためにも、定められた時間や手順等を厳守したほうが良いです。

終わったら、器具の後かたづけも説明書通りに行えば大丈夫です。

脱毛の進み具合についてですが、脱毛サロンでの施術の効果というのはすぐあらわれるものではないのです。いくらか差はあるでしょうが、少なくとも3回は施術を受けた後でないと脱毛効果を実感できることはなさそうです。
サロンに通っているのにあまり効果を得られないとなるとかなり不安に思うでしょうけれど、とにかく契約通りの回数をこなすまではサロン通いを継続した方が良いようです。プラン通りの回数が済んでもまだ脱毛の効果が感じられないなら、そのことについてお店に話をしてみます。

体毛が濃いなど体質によっては施術回数の追加が必要になるかもしれませんが、根気よく続けていきましょう。


今までの脱毛は、「ニードル法」という針を用いて毛穴を刺激するものなど、痛みを感じるものが多くありました。
けれど、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれる方法です。

人によりますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、それほど痛みを感じずにすみます。ただ、Vラインなどの毛が密な部分はちょっと痛みが強くなります。
カミソリを使えば造作もなく脱毛できますが、肌にしてみれば悪い刺激でしかありません。
きちんとジェルなどで保護してから剃る、きれいなカミソリを用意するといったことが重要と言えます。


無事に剃り終えたら、石鹸などで洗わずに、お風呂に入るのもぐっとこらえて、乾燥させないように、保湿しましょう。

脱毛をしても、すぐにまた生えてくるムダ毛ですが、何度も繰り返し剃っていると、ぽつぽつと色素沈着ができてしまいます。


医療脱毛はとにかくお金がかかる、とお思いでしょうが、近年では価格の方もかなり下がりつつあって、手軽になりつつあります。
安くなったという現状はあるものの、脱毛サロンであったり、エステでの脱毛コースと比較すると、価格の高さを感じることが多くあるかもしれませんね。

それに、あまりにも安価なサービス提供を行っているようなところはスタッフの技術レベルが低いかもしれません。

サロンで光脱毛の施術を受けてきた当日はお風呂に入れません。シャワーのみ行う場合でもボディソープなどの石けん類は使用せず、熱くない程度のお湯を使用しましょう。
次に、デオドラントスプレーや薬の内服などはできないとされています。

そして、肌にやさしい保湿力の高いタイプの化粧品を塗布し、乾燥しないお肌に導きましょう。



そして、体温が上がってしまうような行為や発汗はしないようにしましょう。
わき毛などのムダ毛の処理に家庭用脱毛器を使用する人の割合が増えています。
エステと見違えるような性能の高い商品が出ているので光脱毛機能が使えるものもあります。
とはいえ、ユーザーのニーズに応えるほど脱毛器は安いものではなく痛くて使えなかったり脱毛をあきらめたという方も結構な数になります。脱毛エステではサイトやチラシで大々的にいろんなキャンペーンを宣伝していることが多いです。これをうまく利用しますと、かなりお得な脱毛ができるのです。

ただし、ここで注意点があります。キャンペーンに目当てはいいのですが、そこで簡単に契約をしてしまうと後々、納得がいかず悩むことになるかもしれません。正式に契約をするその前に、契約の中身をしっかり理解するようにして、念入りに考えるようにしましょう。

お得な料金設定、施術回数の無制限といったようなメリットにのみ注目してしまうと、うまくいかない可能性もあります。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 びんびんエイト All rights reserved.